Visual StudioのMSB8036エラーの解決方法

Juliusという音声認識ライブラリをビルドしたかったのですが、ビルドしてみたらMSB8036エラーが出てちょっとはまったので、対応方法を記録として残しておきます。

環境

  • Windows 10
  • Visual Studio 2019

Visual Studio 2019でビルドしたらMSB8036エラーが出た

msvc > Julius.slnがVisual Studio用のソリューションファイルなので、こいつを開いてビルドすれば完了!といけばよかったのですが、以下のエラーがいっぱい出てきました。

MSB8036	Windows SDK バージョン 10.0.17134.0 が見つかりませんでした。必要なバージョンの Windows SDK をインストールするか、プロジェクト プロパティ ページで SDK バージョンを変更するか、ソリューションを右クリックして [ソリューションの再ターゲット] を選択してください。

解決方法

必要なWindows SDKのバージョンが足りないよ!!って言われてるみたいなので、インストールしてやればうまく動きそうです。なのでインストールを進めていきます。

Visual Studioインストール用のexeファイルを実行します。大抵はC:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\Installer\setup.exeにあると思います。

実行すると以下のような画面が出てくると思うので、「変更」ボタンをクリックします。

個別コンポーネントタブで各種Windows SDKのバージョンを選ぶことができるので、見つからないよ!と怒られてる10.0.17134.0のバージョンを選択してインストールします。

インストール後に再度ビルドを行うとMSB8036エラーは無事解消されました。

参考:

Visual Studio 2017で使用するWindows 10 SDKをインストールするには
Visual Studio 2017用のWindows 10 SDKのインストール方法がわかりません。 私はWindows 10 SDKインストーラをダウンロードして実行し、Please find winsdksetup.exe in ....\Windows kits\WindowsSDK to instal...

コメント