【MySQL】新規DBを作成してデータを登録するまで

普段MySQLをあまり弄らないので、たまに弄ろうとすると毎回各種コマンド忘れて無駄に時間取られるので、新規DBを作成してそこにデータを挿入するまでの手順をメモしておきます。

MySQLへ接続

何はともあれまずはMySQLに接続します。これでrootユーザとして接続できます。

$ sudo mysql

新規DBの作成

DB作成前の状態

DB作成前の状態を確認しておきます。

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| sys                |
+--------------------+
4 rows in set (0.01 sec)

4つのDBが存在しているようです。

DBの新規作成

新規DBを作成します。以下のコマンドで任意の名前のDBを作成することができます。

mysql> create database <DB名>;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

DB一覧の確認

ちゃんとDBが作成されているかどうか確認してみます。DB一覧を表示して、先ほど作成したDBの名前が表示されたら問題なく作成されています。

mysql> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
| <DB名>             | <- 作成したDBが存在することを確認
| sys                |
+--------------------+
5 rows in set (0.00 sec)

新規Tableの作成

作成したDBに新しいTableを追加してみます。

Table作成前の状態

まずは作成前にDBのTableを確認しておきます。当然ながら、DBを作成したばかりなのでまだTableは存在しません。

mysql> show tables from <DB名>;
Empty set (0.00 sec)

新規Table作成

新規Tableを作成します。作成は以下のコマンドで行えます。

mysql> create table <DB名>.<Table名> (<カラム名1> <型>, <カラム名2> <型>, ... );
Query OK, 0 rows affected (0.01 sec)

Table一覧の確認

もう一度Table一覧を確認してみます。作成したTable名が表示されると思います。

mysql> show tables from <DB名>;
+----------------------+
| Tables_in_<DB名>     |
+----------------------+
| <Table名>            | <- 作成したTableが存在することを確認
+----------------------+
1 row in set (0.00 sec)

カラムの確認

作成したTableのカラム名も意図したものになっているかどうか確認してみます。確認は以下のコマンドで行います。

mysql> show columns from <DB名>.<Table名>;
+--------------+--------------+------+-----+---------+-------+
| Field        | Type         | Null | Key | Default | Extra |
+--------------+--------------+------+-----+---------+-------+
| <カラム名1>  | <型1>        | YES  |     | NULL    |       |
| <カラム名2>  | <型2>        | YES  |     | NULL    |       |
+--------------+--------------+------+-----+---------+-------+
2 rows in set (0.01 sec)

データのinsert

それでは、作成したTableにデータを挿入してみます。挿入は、以下のコマンドで行うことができます。

mysql> insert into <Table名> (<カラム名1>, <カラム名2>, ... ) values ( <値1>, <値2>, ...)
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

なお、すべてのカラムにデータ入れる場合は、カラム名を省略することができます。その場合、カラム名を省略したこのコマンドでも同じ意味になります。

mysql> insert into <Table名> values (<値1>, <値2>, ...)
Query OK, 1 row affected (0.01 sec)

insertしたデータの確認は以下のコマンドで行います。

mysql> select * from <DB名>.<Table名>;
+-----------+--------------+
|<カラム名1>| <カラム名2>  |
+-----------+--------------+
| <値1>     | <値2>        |
+-----------+--------------+
1 rows in set (0.00 sec)

無事にデータが挿入できていることを確認できたと思います。

コメント